デメ子 旅の空の下

鍋でTシャツを煮る女

暑くなって来ました! でも洗濯物の乾きが早いのがうれしいです。

さて、今日はその洗濯について。
昨日、デメ子はオットのお気に入りTシャツをきれいにするために四苦八苦しておりました。

このTシャツかなり着ているようなのですが、黄ばみ、というか、茶ばみ(?)というか・・・全体的に汚れた感じで、白地にプリント柄のものなのですが、とても「白い」とは呼べない色になっておりました。
オットは独身時代に洗濯機のない部屋に住んでいて、洗濯物がたまってからコインランドリーに行く、という生活だった為、汚れが落ちにくく蓄積されていったせいだと思われます。

しかし、漂白剤につけ込んだり、よく落ちる洗剤で洗ってみたり・・・とあらゆる手をつくしましたが、なかなかきれいになりません。蓄積した黄ばみは落ちにくいということは、多くの主婦が知るところです・・・。

そこで何か良い手はないかと、ある本を開くと・・・ありました!!「煮洗い」です!
赤星たみこさんという漫画家がやっている、自然派な洗濯やお掃除術が書いてある本で、私もその中のいくつかは実践しているのですが、これは見落としておりました

すると・・・この方法で、新品とはまではいきませんが、何をしても落ちなかった蓄積汚れがだいぶきれいになったではありませんか・・・!
これに気をよくして、他の黄ばみTシャツもやったらこれまた落ちました。
うっほほ〜〜い!

そして今日は第二弾ということで、ふきん、枕カバー、またまた黄ばみTシャツをやりました。
そしてこれがその衝撃の写真なのだ!!!

f0146503_1640270.jpg

あきらかな黄ばみ・・・これは多分オットが独身時代、着た後の洗濯を忘れ、そのまま保管していたものと思われます。ま、男性のひとり暮らしならよくありそうなことです。
結婚して引っ越してきたときに見つけて「こ、これは・・・」と思い、もうウェスにするしかないかなぁと思って置いてあったのでした。

写真は首のみですが、もう全体に黄ばんでおり、脇にも汗染みがくっきり・・・・
もう絶対ウェス!!っていう汚れ方です。

f0146503_16433220.jpg

そしてこちらが衝撃の実行後!

まだちょっと黄ばみが残ってますが、今着ているようなものとほとんど変わりません。
よそいきには無理ですが、ウェス同様が部屋着・下着用に昇格です!!
脇汗染みはまったく分からなくなりました。
全体的な黄ばみもだいぶなくなりました。


f0146503_16492441.jpg
他にも枕カバーは黄ばみ歴が短いので、すっきりきれいに♪

きれいになった洗濯物を見てネム太も   「満足じゃ〜」

やり方です
大きめの鍋に半分よりやや少なめにお湯を入れ、そこに粉石けん(アタックとかじゃない、自然派のやつ)大さじ1くらいと、酸素系漂白剤(これも自然派のもので売られてる粉末のもの)を小さじ一杯くらい入れます。
酸素系漂白剤を入れるとしゅわ〜〜〜っと細かい泡が立ちますので、その中に汚れた物をえいやっっと投入。ものによってはすぐ落ちますが、Tシャツはそのまましばらく煮ました。
かなり汚れていた今日のTシャツは、しゅわしゅわが無くなってきたときに二回ほど漂白剤を追加して煮ました。

さてさて、みなさんが実際にするときの注意ですが・・
酸素系漂白剤をいれると一気にしゅわ〜〜〜っと泡が立ちます!!デメ子は一回目、鍋に結構なお湯を入れていた上、漂白剤の量を入れすぎて鍋からお湯と泡が一気に溢れました!!
(火を止めても問答無用!!ってなかんじで!) もうガス台や受け皿がすごく水浸しに・・・
それを教訓に、二度目からお湯は半分より少なめ、漂白剤は少しづつ投入!を心がけてます。
でもまあ水浸しになった後、ガス台や受け皿を拭いたらめちゃピカピカになって・・・こういうのなんていうんだっけ?怪我の功名?

素材は綿しか煮洗いできません。デリケートな物、綿以外の物は避けてください。
あと、色物のタオルは大丈夫だったけど、袖だけが紺色のTシャツを煮たら色落ちしてきてお湯が茄子色に染まりました。ものによってはこうなるようなので、高価な物は避けた方がいいかも?

これから煮洗いが癖になってしまいそ〜〜なデメ子でした。
[PR]
by demekonemuta | 2007-07-19 17:14 | 楽しく家事したい
<< 年金が心配 避難グッズを用意しなければ!! >>