デメ子 旅の空の下

駅の立ち食いそばが好き

先日の青春18きっぷの話の中にも出てきましたが、私は立ち食いそばが好きです。

もちろん、味・質ともに普通のお店のそばやうどんにはかなわない訳ですが、それでも好きなのは味+旅情・雰囲気みたいなものが好きだからなんだろうなぁ。

また、新潟の実家に帰った時に新潟駅のホームの立ち食いそばを食べると、あきらかに関西と違う濃い醤油味と上にのった白ネギに
「あ〜〜〜帰ってきた!!」
と感じたりします。(関西は薄口しょうゆ、ネギは青ネギしかのせないので)

ちなみに、私の一番理想とする立ち食いそば屋は
1、ホームにある。改札脇とか屋内でなく、大きな駅で言えば、8番線まである駅の4・5番線ホームにある立ち食いそば屋・・・という感じのもの。
2、食べるところもオープンエアー。最近はきれいにガラス張りの上に中があんまり見えない感じのお店が多くなってきました。できれば、お店の周りにカウンター状の台がついているだけで、なんならホームのベンチで食べられる、くらいのとこが好きです。

でもまぁ時代の流れか、やっぱりそういうとこは「不便だ」「恥ずかしい」とかの理由で無くなっていったりするのかな・・・

個人的には米原駅と新潟駅の立ち食いそば屋が好きです。写真がなくてすみません・・・

でも、そういうとこじゃないと入らないのか?っていうとそうでもなくて、今までで一番入ったのは近鉄難波駅構内の立ち食いそば屋さんです。
私が以前難波で働いていたからなのですが、そこのそばは生そばなので結構美味しく、しかも関西は天かす(関西ではハイカラと呼ぶ)が入れ放題の店が多いのも嬉しい。

あとこれも近鉄ですが鶴橋駅の中にあるお店はテーブルとイスがあり、私から言えば邪道な店になるわけですが、そこの「びっくりうどん」がすごく大きくて、何回か食べました(けっこう食べる方です・・・私・・・)。けっこう安いのに(記憶では500円弱だったような?)、上にはハイカラときざみ(きざんだ薄揚げ)とわかめ、そしてうどんは2玉分入ってるんです。洗面器みたいに大きなお椀に入って出てきます。

あと駅じゃないですが、天王寺で芝居の稽古をしている頃、稽古場近くの立ち食いそばに時々行きました。ここはメニューがすごく豊富だったなぁ。仲間とわいわい並んでうどんを食べるのも楽しいもんです。

出先でお腹がすいて且つ時間があまり無いときに、パンを買って食べるという手もありますが、すぐ出てきて、そしてなんとなくちゃんとしたものを食べられた気分になる立ち食いそば屋を私は選んでしまいます。
そこに旅情も加わると最高な訳です。

そば・うどんについてはまだまだ書きたいことがありますが(そば屋でバイトもしてたので)・・・熱くなりだすと思うので今日はこの辺で。
[PR]
by demekonemuta | 2007-08-22 01:10 | 大旅行小旅行
<< スキン変更 近江鉄道ミュージアムに行った >>