デメ子 旅の空の下

オットと動物園

今日はオットがお休みだったので、二人で動物園に出かけました。訪れたのは安佐動物公園です。

最近は北海道の旭山動物園が大人気だったりしますが、ここはどうなのかな?と、正直さほど期待はしてませんでしたが・・・
しかし、これが結構楽しかったんですよね〜〜〜。

正面入り口を入ってまずは「ヒヒ山」(サル山ではない)がお出迎え。
ちょうどえさの時間になったのですが、すごい勢いでえさを取る!食べる!
f0146503_21145977.jpg
食パンの耳、オレンジ、りんご、にんじん、さつまいも、ゆでたまご、バナナなどを一生懸命食べています。
器用にオレンジの皮をむいたりする様子などなど、飽きることなくながめてしまい、気がついたらヒヒ山で30分以上時間が経過してしまいました。

時間がかかったのは他にも訳があって、ここの飼育をしている方による「ヒヒの飼育マンガ」が置いてあって、それがすご〜〜く面白ろい!!
ヒヒの行動のおもしろさなどが良く分かる上、大人のユーモアも交えた内容に思わず読み込んでしまいました。

例えば、蚊のような虫がぷ〜〜んと飛んでくると、人間のように両手で「パン!」とたたいて殺し、指でつまんでしげしげと眺めていたりするので「あ〜〜ヒヒって人間そっくりだなぁ」と思ったら、次の瞬間ヒヒが「パクッ」と虫を食べてしまったので「・・あ、やっぱりヒヒだ・・」と思った・・・
など、イラスト入りで書かれています。(現在その飼育係さんはキリンなどの担当に変わり、そちらでマンガも進行中)

さて、他にもシマウマ、ダチョウ、キリン、象などを見て回り、一旦お昼ご飯。
園内には結構沢山お弁当が食べられるスポットがあり、テーブルやイスが置いてあります。今日は日が差して暑かったので、藤棚の下のテーブルでお弁当をぱくり。
こういうのって久しぶりだなぁ。動物園でお弁当を食べるなんて・・・20年以上昔の話じゃないだろうか?

f0146503_21285932.jpg
さて次に行ったのは動物とふれあえるゾーン。
ここには、山羊、羊、ミニブタなどが放されており、自由にさわったり出来ます。
羊の毛って意外とごわごわ〜〜。でもかわいいっ!
(食事中の方は以下ご遠慮下さい。)

しかも、動物がどんどんフンをするので、それを掃除したりするちりとりやほうきも完備。
来た人が自由にしていいことになっており、私は勇んで掃除にかかります。

なんで鹿や山羊などのフンはあんなにポロポロしてるんだろうなぁ。不思議。
などと思いながら、動物の周りをウロチョロ。

f0146503_21355325.jpg
あらっ、あなた今掃除してあげたのに、またやっちゃって・・・しかも座ったまま・・・

羊 「あら失礼〜〜〜」

f0146503_21371164.jpg

羊版 阿吽の像。

お腹や背中は優しくなでてあげましょう。

羊は「メ〜〜」と泣くといいますが、今日近くで聞いてみて、正確には「メ"ッエェェ・・・」って感じだったように思いました。のどから出すような感じです。


f0146503_21414525.jpg
そしてふれあい広場の近くには「動物子育ての家」があり、生まれたばかりのひよこやウサギ、ネズミの赤ちゃんなんかが見られます。
写真はネズミの赤ちゃん。きゃ〜〜〜っと声を上げてしまいそうなほどちっちゃいです。
大きさはゼリービーンズくらい?指二本でちょこんとつまむくらいの大きさです。

ガラス越しにですが、かなり近くで見ることができます。

さて他には夜行性動物やは虫類、水牛、陸亀なんかも見たのですが、着いたのが1時くらいだったこともあり、全部回れないまま閉園時間の16:30になろうとしていました。
f0146503_21565212.jpg
面白かったので、また来よう!とオットと話ながら戻ります。

最後にヒヒ山を見に行くと、お食事時間とは雰囲気が一転、毛繕い・ノミ取りタイムになっていました。あっちでもこっちでも毛繕い。まるでマッサージ屋さんみたい。

f0146503_21594042.jpg

中にはこんな奴も・・・

い〜〜気持ちすぎて・・・ドーン!

「格好なんて気にしないよ〜〜〜。」


また来るからね〜〜〜。



その後はオットが最近はまり出したバッティングセンターへ。
軽くカキーンと言わせた後、スーパー銭湯で汗を流し、帰宅したのでありました。
いいお休みだったなぁ〜〜〜。
[PR]
by demekonemuta | 2007-09-12 22:07 | 大旅行小旅行
<< カレーって・・・やっぱりいいな... カレーって・・・やっぱりいいなぁ >>