デメ子 旅の空の下

カレーって・・・やっぱりいいなぁ  その②

先日家で作っているカレーについて書きましたが、今回はカレーうどんについての思いを少し書きたいと思います。

私は過去にお蕎麦やさんで長いことバイトしていた経験があります。
そのお蕎麦やさんの隠れた人気メニューが「カレーうどん」でした。

カレーうどんには大きく分けて二つの系統があるようで、ひとつはカレーライスのルー(もしくは殆どそれに近いくらいのとろみがついたもの)を若干のお出汁で伸ばし、うどんにかけたもの。もうひとつは、お出汁にカレーパウダー(S&Bの等)を入れてカレー風味にし、片栗粉で少しとろみをつけた中にうどんを入れるものです。

私のバイト先では出していたのは後者の方でした。

その店では、半年に一度だけそのカレーうどんを食べに訪れる老夫婦がいました。
なにぶん半年に一度なので、以前にも来ていることなど分からなかったのですが、一度
「ここのカレーうどん食べるのが楽しみやねんけど、前来た時はお休みやってん。」
と言われたことがあり、そこから半年に一度食べに来ている、ということが分かったのです。
なぜ半年なのかというと、普段は家が商売しているからなかなか来ることができないが、半年に一度だけ近くの有名な神社にお参りにくるのだ、とのことでした。

そして食べる時になると、特におじいちゃんの方は一口食べるたびに
「おいっっしわ〜。」
というのが癖でした。本当に美味しそうに食べるのです。
その様子を見ていたある常連さんはよほど気になったのか次回来たときにさっそくカレーうどんを注文し、それ以来ファンになったようでした。

その老夫婦は
「次は○月○日にくるで〜。」
と言って帰るので、お店のバックヤードにあるカレンダーには
「カレーうどんの夫婦来る日」
と書かれてあり、元々不定休だったのですが、特にその日は休まないようにしていました。
今でもあの夫婦は半年に一度来ているのかなぁ・・・
あの「おいっしわ〜」が健在なのか、今でも気になります。

ちなみに働いている側の意見としては「カレーうどん」より「カレーそば」の方が好きでした。
その店のそばは細めで癖がないのでカレーにもよくあうのです。
そして「裏メニュー」として「さらさらカレーそばハイカラ入りポンちゃん落とし それとごはんの小」が好きな食べ方でした。つまり、片栗粉でとろみをつけないさらさらした状態に、天かすとポンちゃん(温泉卵のこと)を落としたカレーそばということで、最後にご飯へお出汁をかけて食べると、スープカレーのような感じで美味しいのです。
今でも久しぶりにこのお蕎麦やさんに行くとその裏メニューを頼んでしまいます。

あぁ・・・うどんやそばになっても、やっぱりカレーっていいなぁ・・・
[PR]
by demekonemuta | 2007-09-15 05:22 | 日記
<< 「ウエストは自分で作るもの」 オットと動物園 >>