デメ子 旅の空の下

「くつを買いに」

タイトルは、童話「手袋を買いに」を気持ちもじったのですが、ダレにも気がつかれないだろうと思ったデメ子です。

昨日はオットが休みだったので、二人でオットの靴を買いに行きました。
オット愛用の靴は底がはがれかけ、汚れも目立ってきたのでそろそろ買い換えようとなったのです。

しかし・・・
なかなか無い・・・。
気に入った靴がなかった訳ではないのです。しかしサイズがないのです!サイズが!

オットの足は27.5くらいだそうで、それを聞いた時私は
「男やったらそんなもんやろなぁ。それくらいならサイズ結構あるだろうなぁ。」
と思ってました。
それというのも、お恥ずかしながら私の足のサイズが大きくて、26.0か26.5くらいの靴を履いているからです!!!
ちなみに私の身長は172cm。深田恭子は163cmで26.0あるそうなので、それに比べたらまぁ特別不思議はないと思うのですが(実はそうでもないらしいが)・・・それにしてもやっぱり足が大きいと困ることこの上なし。

悲しいかな足が大きいということは、褒められたりまたは得することがありません。
背が高い→うらやましがられる  目が大きい→うらやましがられる  手が大きい→男だとかっこいいし女だとつかみ取りに便利 
しかし足が大きいのは「足大きいね・・・(苦笑)」です。

そして最大の悩み「靴がない」。いやー本当に笑っちゃう位無いんです。
靴は服のように「ちょっと小さいけどガマン」が出来ないのでいっそう不便。比較的大きな靴屋さんでもあって25.0くらいなんですよねぇ・・・。
最近はやっと都市部で少ないながらも大きなサイズ専門店ができたり、ネットでの購入ができるようになりましたが、そんな店も術もない頃は男物ばかり。おかげで外反母趾とは無縁の足にはなりましたが。
姉も足が大きいので、二人で一緒に住んでいた頃は
「玄関だけ見たら男の家やで・・・」
とよく言われたもんです。

そして一番記憶に残ってるのは、スニーカーを買いに行ったとき(当然これも男物)。
スニーカーだから大丈夫!って思いきや
「いやぁ26.0は切らしてます。一番出るサイズなもんですから(あたりまえやんって顔)。」
・・・って、こっちは心の中で「なんだとコラァ〜〜〜〜っ!」です。ショックは倍率ドンでさらに倍ですよ、ほんと。
 
あぁ・・・愚痴話が長くなりました。すみません。
そしてオットの靴ですが、オットお気に入りの靴は何故かサイズがなく
「これは26.5までなんですよ。」「これは27.0までです。」「一応このメーカーの中心サイズは27.0まででそれ以上のサイズは一部の限られた・・・」
・・・「喝ーーーーーーーーーーっ!!」
と叫びたいのをガマン。27.5くらいあってもいいやんかっ。私なんか26.5なんだからね!と思わず感じました。

結局昨日は買えませんでした。
だれでも「自分に合う物がない」ってことってあると思いますが、大変なもんですよね。

でもでも、まだオットは良い方だと思ってます。
だってうち身内で30㎝のスニーカー履いてる者がおりまして・・・
[PR]
by demekonemuta | 2007-10-09 08:27 | 日記
<< 秋になりましたネ! 最近の相撲報道・・・ >>