デメ子 旅の空の下

大阪みやげって難しいっ

オットが仕事で大阪へ出かけており、お土産を買ってきてくれました。
f0146503_101648100.jpg
その名も「ひとくち」。パイ菓子だそうです。

しかし名前に似つかず大きな袋・・・
これが10袋入っているので箱も結構大きめです。

ネム太「こりゃー ひとくちじゃ無理!」

f0146503_10195014.jpg
しかし実際袋を開けると・・・

「あ・・・・いけそうだわ・・・」

パイが割れないように大きめな包装にしてるみたいです。

お味はというと、さすがに挟まったクリームは「フレッシュ!」という訳にいきませんが、パイ生地がパリッパリ・サクッサクで美味しいです。厳重に守られていた理由が分かる気もします。
実際には「ふたくち」ぐらいでした。


それにしても、大阪って手頃なお土産物(お菓子で)が少ないように思いませんか?職場に持って行ったりしてもあたりさわりなく喜ばれるような・・・そんなお菓子。

実は始めオットに、以前売られているのを見たことがあり「じゃりんこチエの人形焼き買ってきて〜」と言っていたのです。「人形焼き」って時点でもう大阪じゃないんだけど^^:、東京で売ってる「サザエさん人形焼き」が結構美味しく、しかもオットは大のじゃりんこチエファンなので「決まり!」となったのですが、新大阪の売店で見あたらなかったとのこと。
職場にもそれを買っていく!と言っていたので、当てがはずれてお土産選びに悩んだと思います。
出張前にも、職場の先輩と「大阪はお土産が難しい」という話をしていたそうで・・・みんな思ってるんだなぁ。

百貨店に行けば美味しいお菓子は売っているし、近所で有名なお菓子やさんっていうのもあるとは思いますが、大阪って言えばこれだよね〜っていう程の知名度があるお土産物ブランドって思い当たりません。

北海道は「マルセイバターサンド」「白い恋人」、宮城県の「萩の月」、福井県の「羽二重餅」、東京の「東京バナナ」「ごまたまご」、静岡県の「うなぎパイ」、京都の「おたべ」、岡山の「大手饅頭」、広島の「もみじ饅頭」・・・
個人的にはマルセイバターサンドが大好きで、あと福岡の「博多通りもん」は最近食べた中ではめっぽう美味しかった!これもすでに有名なお菓子ですね。

とにかく、大阪でそういうものってないのかなぁ・・・?
ウィキペディアで調べると、大阪銘菓として「粟おこし」「岩おこし」があるそうですが、ん〜好みが分かれるねぇ・・それと「釣鐘屋本舗の釣鐘まんじゅう」とか(関西にいたけど知らなかった・・・食べたことない)、そして「ヒロタのシュークリーム」「北極のアイスキャンデー」(無理やん!)・・とまぁこんな面々。

お土産に最適な大阪銘菓・・・出来たらきっと喜ばれると思うんですけどね。条件としては
①駅やお土産物屋さんで手軽に購入できる
②美味しい
③高すぎず安すぎないお値段
④職場やお世話になった人に持って行っても恥ずかしくない
⑤多少の日持ちはする(長くもちすぎるのも気持ち悪い)
⑥できれば個包装されている。
などかな〜と思うのですが。

頑張れ頑張れ大阪みやげ。
[PR]
by demekonemuta | 2007-10-18 11:16 | 日記
<< 「おもひでぽろぽろ」で涙ぽろぽ... あの素晴らしい番組をもう一度 その② >>