デメ子 旅の空の下

またしても、あられ・おせんべいのお話

先日からの続きであられ・おせんべいのお話です。
前回お話したのは亀田製菓についてでした。
今日はそれ以外で記憶に残っていることをお話ししたいと思います。

おせんべいといえば、はずせないのが「雪の宿」ですね。
あまじょっぱいのが大好き!
これを作っているのは「三幸(さんこう)製菓」。やはり新潟の会社です。
「雪の宿」は三幸製菓の代表的なお菓子で、他に「ぱりんこ」「チーズアーモンド」などもあります。
記憶に残っているのはCM。
亀田製菓は「亀田のあられっおせんべいっ♪」ですが、三幸製菓は
「いっこでもニコニコ三幸の〜あられおせんべいっ♪」
という歌でした。今でも流れているのかなぁ〜。
多分新潟県民はみんな歌える・・・ハズ。

それと「栗山製菓」。この会社も新潟県にあります。
有名なお菓子は「ばかうけ」や星の形をしたおせんべい「星たべよ」など。
亀田製菓などに比べるとややマイナーかもしれません。

私は中学時代、夜中によくラジオを聞いてました。局はFM新潟。
そして当時「マハラジャ・スパークリングナウ」という、5分程度の短い番組が流れていたのですが、その番組の提供が栗山製菓だったのです。
「マハラジャ」はバブル期を象徴するディスコの一つで、当時新潟にも一軒あったそう。
言ってみれば、流行の最先端な場所だったわけです。
で、提供が栗山製菓。ハガキを送った人の中から毎回抽選で「栗山製菓のお菓子セット」をプレゼントしていました。
ディスコとおせんべい・・・どんなリスナーがターゲットなんだろう?
当時から、そのなんともミスマッチな組み合わせに違和感を覚えたものです。

田舎を出て、ボディコン・ワンレン・お立ち台と「トレンディ」を謳歌していたつもりの女のもとへ届けられた実家からの荷物。その中に入っていたのは故郷のあられ・おせんべい・・・
そんなせつないシーンを連想してしまう組み合わせではないですか。

そんなこんなで、私の記憶に強烈な印象を残した栗山製菓はこんな会社です。
個人的には「ばかうけ」のキャラクター「バリン」と「ボリン」が意外と可愛いと思います。
[PR]
by demekonemuta | 2007-10-31 22:27 | 日記
<< 敵はホコリなり! しょうたくん >>