デメ子 旅の空の下

戻って参りました

実は先週末、以前所属していた演劇グループの公演が大阪であったため、その手伝いに行っておりました。

公演は無事に終了。
私はビデオ係と雑務のお手伝いをいたしました。
みんなで一つのものを作るというのは、大変だけどとても楽しい。
私もまじってやりたい気持ちになりました。

さて、公演とは直接関係ないのですが、今回芝居を行った小屋のお向かいさんがとても気になりました。
下町の路地にある小屋だったので、その向かいは民家だったのですが、小屋に近づくにつれ異臭が・・・・しかも、発砲スチロールの板などで塀の隙間にバリケードが組んである異様な光景。
なんとその民家は「ネコ屋敷」だったのです。

夜になると、おばちゃんが家の中から現れ「ミーちゃん、ほらミーちゃんはどこだ?」と言いながら出てきます。しかし、塀の前に寄ってくるたくさんのネコを「こらっこらっ」と棒で追い払ったりもしはじめました。近くで私が見ているのも全く視野にないようです。
最初は「なんなんだ?ミーちゃんだけが飼い猫で他は別の家のネコ?」と思ったのですが、しかしおばちゃんは大きな入れ物にエサを入れて全部のネコに与えはじめました。それに群がるネコは推定20匹。
一通りエサを与え終わると
「あ〜しんど」
と独り言を繰り返して家の中へ・・・・
謎多しおばちゃん。路地裏の強烈キャラです。

そして、おばちゃんは翌朝もネコ達にエサを与えていました。
今度は「タマ〜ほらタマ〜タマ〜」
と言ってました。
やっぱり〆は「あ〜しんど」でした。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-14 18:20 | 日記
<< BARBAR DEMEKO 営業中 今関西です >>