デメ子 旅の空の下

遅くなりました・・・

今頃・・・なのですが、2月に行った四国旅行についてのご紹介。
f0146503_1835437.jpg

そもそもは左の写真のミニ試乗キャンペーンにあたった友人「てつ子」が、これに乗って四国を走りたい!と思ったことをきっかけに始まりました。
私はそれに便乗するかたちで助手席の名誉を賜ったのであります。

個人的には、関西在住時に出張で徳島に1回、旅行で高知に1回行っただけで四国はあまり経験したことがありません。

どこをどんな風に回るかは、とにかく運転好きで走りたいてつ子にお任せすることにしていざ出発!
それが2月18日お昼頃。てつ子の仕事の都合により、翌日の昼には広島に帰ってくる予定。
f0146503_18144459.jpg
まずはしまなみ街道を渡って愛媛へ。
これは確か今治のSAから撮ったものかな?時間は3時半ごろ。なかなか景色は綺麗です。
f0146503_18203178.jpg
ちょっと驚いたのは、「タルト」というキャラクターグッズ。
愛媛銘菓のタルトといえば、羊羹をカステラ生地でロールケーキ状に巻いたようなもので、いわゆる洋菓子の「タルト」とは全くちがうもの。昔私もお土産でもらい、開けて「なんじゃこりゃ!?」と思った覚えがあります。
グッズはタオル、Tシャツ、ストラップ、文房具などなど沢山。正直お菓子の方はあまり好みではないのですが、このキャラのなんともな風貌には若干心を動かされました。


さてさて、無事に四国上陸。これからどうゆうルートをたどろうか?ということになったのですが、事前にてつ子が高知出身の友人Tから得ていた情報に寄ると、まぁ四国に行くんなら香川のうどんと愛媛の道後温泉は経験しときんさい、ということだったらしい。しかしてつ子は、とにかく走りたいというのがメインなので、四国をぐるっと一周したいという。道後に行って、高知の海岸線行って明日香川、みたいな感じで。
私は、明日の昼までに帰ることを考えると、それはちょっと無理っぽいぞという気が。
しかし、気持ちよく海岸線を走りたいてつ子の為に、ひとまず夕暮れを目指して今から愛媛の佐田岬半島へ行こうということに。

しかし・・・途中で道を間違えて、一時間くらいのロスをしてしまう・・・。
f0146503_1843410.jpg

松山市内を走ったのがすでに5時半ごろ。しかも帰宅ラッシュか道が混んでいる。
愛媛にも路面電車が走っていて、市内はなかなか風情がある。
しかしながらそんな風景をぶらぶら見ているヒマはない。
時間が差し迫っている為、道後温泉にも立ち寄らずに目指すは海岸線!

f0146503_18453955.jpg
だが・・・結局、目的地の佐田岬に着く前に日が沈んでしまって、これは6時半の伊予市はふたみという道の駅。
しかも道の駅で今後の情報を手に入れようと思っていたが、この時間にはしまっていて、結局なんの情報も得られなかったのである!周りにはなにもない。
これからどうしましょう・・・?今日はどこに泊まりましょう?いざとなったら車中泊もありな予定ではありましたが、真っ暗になって、何もない海岸線。夕食前の6時半。
これから引き返して道後温泉に行くのはしゃくだということになり、悩んで出した答えが・・・
これから松山自動車道と徳島自動車道を使って徳島に行き、徳島ラーメンを食べる。今日は徳島に泊まって、明日の朝香川でうどんを食べて瀬戸大橋を通り、昼までに広島へ戻ると言う計画。
そうと決まれば徳島へゴー!!
徳島へ向かう高速の車内。殆どまっくらですが、時々新居浜など町の夜景が見えます。伊予ICから徳島ICまでだから、ちょうど四国の右肩から左肩までを一直線に横断するような感じ。
てつ子はもっとすぐ徳島に着くと思っていたらしく「四国って意外と広いんだね・・・」としみじみ言っておりました。一周しようというのは無謀であったと気がついたようです・・・。

f0146503_18584971.jpg
徳島に到着したのが9時過ぎ。そこからいざ徳島ラーメン!と思ったのですが、9時であいているお店が少ない・・・。この時間にはすでに人通りもまばらな徳島市内!事前に購入していた「るるぶ四国」で代表的な5軒が紹介されていたのですが、この時間でもあいているのは一軒だけで、必然的にそのお店「ラーメン東大大道本店」へ。
徳島ラーメンは少し甘め醤油スープと甘辛く煮込んだ豚バラ肉、あと好みで生卵をのせるのが代表的な形。
頑張ってここまで来たので、何を食べても美味しい!のですが、若干濃さが私好みではないかな・・・。でも徳島に来たんだぞ!という思いで一杯になりました
宿は「じゃらん」で調べてそのラーメン屋からも近い「東横イン」へ。さらに、せめてゆっくりお風呂につかりたいということで、車でしばらくのところにあるスーパー銭湯「あいあい温泉」へ。このスーパー銭湯は大きな道からちょっと外れた所にあるのですが、途中で「ほんとうにこんな所にあるの?」と不安になりました。しかし無事到着。とても塩分の濃い温泉で、ちょっとなめると海水のようにしょっぱい!そのおかげでとてもぽかぽかになりました。
f0146503_1913748.jpg
ホテルにもどって就寝準備。時間はかなり経ってて午前1時半頃。ホテルのパジャマを着て、のどの乾燥防止にマスクをしたら、どこかのクリニックの女医みたいになりました。おやすみなさい・・・・
さて翌日!!香川のうどんを二軒ぐらいは楽しみたい!ということで香川に向かって走り始めます。
目的地は、帰りの高速にのりやすいだろうということで坂出市に決定。
まずは「山下うどん」へ!!
f0146503_19225691.jpgしかしここでまたアクシデント発生。持っていた「るるぶ四国」にはあまり詳細な地図が載っておらず、住宅地の中にある「山下うどん」がなかなか見つからない!行き過ぎたりもどったりを繰り返して、ようやく見つけました!
左の写真が「山下うどん」外観。本当に気がつかないわー。

f0146503_19265289.jpg店内に入るとやっぱりうどん屋さん。まずはうどんの玉を選んで注文。どんぶりに入れてくれるので、欲しい人は天ぷらやおにぎりをとって自分でお出汁をかけていただきます。
お会計は食べた後の自己申告制。ズルする人いないのかしらね・・・
店内には今まで取材に来た有名人などのサインが並んでいました。

f0146503_19293297.jpg私は地エビのかき揚げをのせて。。。
やっと出会えた香川名物。二人とも食べるなり「おいし〜〜〜」
かき揚げもかなりボリュームがありです。おだしはいりこが入っているのかな?見た目は関西風の澄んだお出汁ですが、味はちょっと違いました。本当に美味しいです。もちろんうどんは腰がとても強いです。
しょうががテーブルにドンと置いてあるので、勝手にすって入れました。
うどんは小120円。天ぷらが200円だからサイドメニューの方が高いですね。てつ子はお会計の時に、自分のとったサイドメニューの名前が分からず一生懸命説明してました。かわいい奴です。
f0146503_1933191.jpg次は「がもう」へ。「山下うどん」の近くにあります。ここも場所が分かるか不安だったのですが、てつ子のカンによりスムーズに行くことができました。
「山下うどん」は自分チの敷地内の小屋でやってまーす的な感じだったのに対し、「がもう」は大きな看板も出てるし駐車場も大きくてバンバン人がやってきています。しかし建物自体は小さい木造で、人々は小屋の周りで思い思いにうどんをすすっています。
中に入ってうどん玉を頼み、サイドをとったらその場で会計、あとで好きなダシをかけるスタイルです。
f0146503_2083210.jpg私は温泉卵とおあげさんをチョイス。おあげからは甘めのダシがでて美味しいです。お出汁の味は「山下うどん」とちょっと似てました。
とにかく、二軒だけでも香川のおうどん屋さんを回れて目的が果たせ、かなり満足。
てつ子も私もお腹いっぱいです。
f0146503_2013471.jpg帰路の瀬戸大橋。この日も快晴。海岸線の景色も綺麗です。
今回は、あらかじめ目的をはっきり決めていなかったので、その場その場でのりきって行きましたが、帰り道でてつ子は「やっぱりあるていどプランは必要〜」と感じることしきりのようでした。
今から行ってもその店はあいてない!とか、周りに泊まる所が皆無!とか色々ありましたので、先に回る順番くらい決めておけば良かったのかも。
それでもかなり楽しめる一泊二日旅行でした。

それにしても帰り道は、昨夜が遅かったのと、うどんでお腹いっぱいなのと、あったかいのとで、運転手に申し訳ないのですがウトウト眠ってしまいました。
くらべててつ子のタフなこと!彼女なら不眠不休で四国一周も夢じゃ無かったのかも・・・?

[PR]
by demekonemuta | 2008-04-16 20:14 | 大旅行小旅行
<< 今年のお花見記録 舞台が終わってあんでぶまん。 >>