デメ子 旅の空の下

白封筒とスパイス

今日100均に行った。
オットが週末に友人の結婚式に出るので、ご祝儀袋を買いに行ったのである。

ご祝儀袋コーナーの隣には一般封筒コーナーがあり、そこではインド系と思われる男性(便宜上以後インド人と表記)お2人が封筒を見ていました。
私も色とりどりのご祝儀袋からどれにしようか物色していたのですが、なんとなく気になってインド人の選んでいるものを見るとなんと!
手紙を入れる事務的な白封筒と、黒い結び切りが印刷された不祝儀袋を手にとって見比べているではありませんか!!
どちらも量的には沢山はいっていて、2人は「○×□$*〜?」「#@*&〜」と話しながらどちらにするか悩んでいる様子・・・

しかし、明らかに二つは用途が違う!!
一方は郵便番号のマスが印刷されてるから明らかに郵便封筒だし・・・
不祝儀袋が欲しくて来たようにも見えないし・・・

ここでほっておいても良かったのですが、何となくデメ子のおせっかい心がうずきだし・・・
「この二つは違うものだけど大丈夫?」
と声をかけたのでした。
インド人は「違う、知ってる。」
と答え、片言の日本語は通じる様子。

それからインド人から茶封筒と白封筒を比べ「これは違うもの?」と聞かれ、詳しくは違うが用途はほぼ一緒なので「同じ」と答えたデメ子。
しかし出来たら、不祝儀袋を教えてあげたい・・・しかしボキャブラリーが乏しい。
「これはお葬式」と言うも通じず。
「デッド・・・?」と言って言葉が詰まり、ひとまずお金を入れて渡すジェスチャー。
インド人、なんとなく分かった様子。
「アリガトウ」と笑顔で白封筒を手に出て行かれました。

今冷静に考えたら、簡単な英語でも、もっと通じるように言えたのではないか?と、自分の実力のなさを恥じるのでした。
「こっちはレター」「こっちはマネー」「これはアンハッピーな時にマネーを渡すもの」とか。
ちゃんと満足な買い物ができたなら良かったのですが。

ちなみに彼らからはすごくスパイシーな香りがしました。
偏見ではなく、本当にしたのでびっくり。
いわゆるカレーの匂い、ではなく、本当にスパイス!な香りでした。
封筒何に使うのかな〜。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-10 01:34 | 日記
<< 鼻パックをしてもひとり ネーミング大賞 >>