デメ子 旅の空の下

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

BARBAR DEMEKO 営業中

しばらくブログの更新が途絶えてて・・・反省。

昨日はオットがお休みだったので、ウチでオットの散髪をいたしました。
実は今までに3回オットの髪を切っています。

きっかけは「私が切ってみたかった」「散髪代も浮くし」「いちいち出かけなくていいやん」
オット本人が望んだわけではありません。なんとなく切らせてくれた第一回目はまだ付き合っている時。
正直、あんまり上手に仕上がりませんでした。でこぼこっとしてたし・・・
オットも多分ちょっといやだったはず。

しかし広島に赴任してからは、今まで気に入っていた美容院にも通えず、広島ではなかなかお気に入りの美容室が見つからないなぁということで(広島で3回は美容室に行っていますが)結局不安を持ちながらも私の手にかかってしまう訳です。

しかし広島に来て一回目の散髪も、成功かどうかはきわどい所でした。
というか、どんな髪型にしたのか正直よく覚えていません・・・

二回目は一ヶ月ほど前。その時は暮らしの手帖に掲載されていた「家庭での散髪の方法」を参考にしたため、今までよりはマシに仕上がりました。
しかし、毎回オットは散髪されながら
「大丈夫なのか・・・?」
とおびえていました。

そういうオットは中学高校時代に自分で散髪していたそうで、お風呂場で器用に切っていたそうです。堅めで癖がある髪質なので、若干の不揃いも「味」もしくは「無造作ヘア」として片付けられるというところがあり、私もそれでいままでなんとか乗り切ってきました。

しかし今回は強力な味方が!!
f0146503_1632626.jpg

じゃじゃあん!

図書館で借りてきました!
これはかなり分かりやすいです。
見ながら
「あ〜だから今までうまく行かなかったのか(オットごめん)」と気づくことが多々ありました・・・

f0146503_1634398.jpg
今までも本屋で散髪の本を探したことがありますが、家庭用の散髪について、しかも男性の散髪について書かれているものが少いのです。
これは写真が細かくて、とても参考になります。

でも少し困るのは、モデルが「中年男性」ということ。
内容的には「子どもの散髪」「大人の女性の前髪カット」「おばさんのショートカット」「お父さんの散髪法」「シニア向け散髪法」という感じで、若い女性・男性については、家庭で散髪するってことが前提にないみたいです。


でも基本は一緒ですからね。
今回は今までより快調に切り進みました。

しかしオットはいつも不安そう。
「なぁ・・・大丈夫なんか!?」
「おかしくなってないか!?」
と時々聞いてきます。
私は
「大丈夫大丈夫!(心の中では・・・「まだ分からないけど・・・」)」
「全然ヘンじゃないよ!(今の所は)」
と返します。私だって失敗しないよう真剣です。
オットにしてみたら、その「素人が真剣な様」がまた不安をあおるのでしょう。

途中
オット「なぁ・・ちゃんとモダンにしてな。」
私「モダン・・・って何なん?」
オット「おしゃれにしてや。」
私「頑張ってるよ〜。」
オット「デメ子にさせると『昭和』になりそうなんやもん。」
私「(・・・どきっ)」

思い出すのは、我が父のこと。昔、中学生だった兄二人の散髪を父がバリカンで行っていた。
かっこよくして欲しいという兄の願いもむなしく、中途半端なスポーツ刈り?風な髪型にして父の一言
「これは裕次郎刈りといって昔すごく流行ったんだ。」

あ〜浮かびます。あの時の兄達の表情が。
私はオットに同じ思いをさせてしまうのでしょうか。
どきどきどき・・・・

緊張の散髪がようやく終了。
f0146503_15192111.jpg

こんなんでましたけど?
(こういうとこが昭和)

あ〜でも一安心。
本のお陰で、自分でいうのもなんですが、今までで一番「まとも」に切れました。

f0146503_1521185.jpg

これは後ろ姿。

ちゃんと切る前の写真を残しておくんだった・・
これじゃ私のが頑張りがイマイチ伝わらないなぁ。

まぁひとまずよかった〜!



今までで一番いいできじゃない?!
とうれしがる私にオットは
「うん・・・まぁそうだな。今までの中では・・・」
と控えめな評価でした。

まぁ今風ではない・・・若干「昭和」の匂いがすることは否めないのですが。。。
でも今までは、切った後でオットから「ここおかしくない?」などと言われてたので、それを考えたら合格点だと思われます。
しかしながら、なんやかんやいっても切らせてくれるオットは偉い。感謝です。

まぁ「ヘンじゃない」が今までの家庭散髪のクリアポイントだったので今回「まとも」はその一段階上に行ったといって良いでしょう。
次はさらに上の「モダン」「かっこいい」を目指したいと思います。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-18 15:36 | 日記

戻って参りました

実は先週末、以前所属していた演劇グループの公演が大阪であったため、その手伝いに行っておりました。

公演は無事に終了。
私はビデオ係と雑務のお手伝いをいたしました。
みんなで一つのものを作るというのは、大変だけどとても楽しい。
私もまじってやりたい気持ちになりました。

さて、公演とは直接関係ないのですが、今回芝居を行った小屋のお向かいさんがとても気になりました。
下町の路地にある小屋だったので、その向かいは民家だったのですが、小屋に近づくにつれ異臭が・・・・しかも、発砲スチロールの板などで塀の隙間にバリケードが組んである異様な光景。
なんとその民家は「ネコ屋敷」だったのです。

夜になると、おばちゃんが家の中から現れ「ミーちゃん、ほらミーちゃんはどこだ?」と言いながら出てきます。しかし、塀の前に寄ってくるたくさんのネコを「こらっこらっ」と棒で追い払ったりもしはじめました。近くで私が見ているのも全く視野にないようです。
最初は「なんなんだ?ミーちゃんだけが飼い猫で他は別の家のネコ?」と思ったのですが、しかしおばちゃんは大きな入れ物にエサを入れて全部のネコに与えはじめました。それに群がるネコは推定20匹。
一通りエサを与え終わると
「あ〜しんど」
と独り言を繰り返して家の中へ・・・・
謎多しおばちゃん。路地裏の強烈キャラです。

そして、おばちゃんは翌朝もネコ達にエサを与えていました。
今度は「タマ〜ほらタマ〜タマ〜」
と言ってました。
やっぱり〆は「あ〜しんど」でした。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-14 18:20 | 日記

今関西です

f0146503_053285.jpg

訳あって、只今関西におります。理由は月曜日以降にアップ致しますね。

写真は鶴橋にて。
標語も関西色満載っス。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-11 00:53 | 日記

これってやっぱり必要なのかなぁ

先日夫のスーツを買いに行きました。
ついでにワイシャツも一着追加。昨日そのワイシャツを開封しました。

毎回思うのですが、ワイシャツって包装される際にいろんなものがくっついてますよね。

f0146503_825159.jpg

プラ素材
・外袋
・クリップ
・襟の内側をキープするもの
・襟の前を留めてるもの
・サイズタグ
紙素材
・畳んだ所に挟まってる台紙
・襟に挟んであるもの
・何に使ってたか忘れた台紙
・薄紙

ワイシャツにたどりつくまで長い長い!
確かにお陰でぴんぴんに綺麗なシャツが手に入る訳なんだけど、ワイシャツ一つにこれだけ色々なものがいるのかなぁ?と思ってしまいます。
もちろん大きめな台紙などがリサイクルに回せるし、プラだって分別しますが、作って再生してにもいちいち資源が必要な訳で。
これでいいんでしょうかね・・・
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-05 08:14 | エコ路地散歩

気になる・・・

f0146503_947726.jpg


新聞の書籍広告って惹かれるものが多い。
でもこれ読んでる人と一緒にご飯行きたくないな。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-03 09:49 | 写真で一言

敵はホコリなり!

ついに私はダスキンのモップレンタルを始めてしまいました・・・!

以前から時々お掃除についてブログでも紹介していましたが、実は私の中でのテーマは
「なるべく環境に優しいこと」
「効果が高いこと」
「やる気が出る掃除法であること」
でした。

ダスキンには以前から興味はありましたが、毎月レンタルでお金をかけるのは・・・
しかし二週間の無料お試しが出来るということで、ついに手を出してしまいました。

試したのは「フロアモップ」とサービスでもう一個「ハンディモップF」を使わせていただけることに。届いてからさっそくあんなとこやこんなとこを試したのですが、思わず
「きゃーーーーーーっ!」
と声が出そうな程ホコリが出てきたりして・・・・嬉しいやらコワイやら。
特に、「ハンディモップF」がとても便利で、フロアモップではなくこちらの方を本レンタル開始いたしました!
f0146503_15124262.jpg

掃除機なんかでは「見なかったふり」をしたくなるこんな隙間。
そういう所にぴったりです。


f0146503_1514585.jpg

結構薄いので、こんな隙間にも入っていきます。

前回も掃除しているので、今日はあまりホコリが出てきませんでした。
ホコリが沢山出てくるのも嬉しいけど、出てこない時も「掃除のお陰で綺麗になってたんだなぁ」と実感できて嬉しかったりします。


f0146503_15165785.jpg

柄が伸びて、モップ部分の角度も変えられるから、こんな高いところにも・・・
あ〜便利だなぁ。


掃除のテーマである「なるべく環境に優しい」も、実行できます。
モップは使い捨てでなく、ダスキンが洗って再利用。しかもとれたホコリも資材になるそうで・・・嬉しいですね。

それと「効果がある」
やっぱりホコリが良く取れます。フロアモップも良かったのですが、お金の関係上一つだけにしたいなと思っていたのと、ハンディだと「かゆい所に手が届く」掃除ができるのが選んだポイントでした。細かいホコリがホントによくとれます。

最後に「やる気がでる」
ホントはこれが一番大きいかも・・・
まず、これがあるから今までやらなかった所も掃除したくなります。
それと毎月目に見える形でお金をかけるので「つかわにゃソンソン!!」とめいっぱい使おうとして、結果掃除する・・・と。
また、かなり汚してもOKなので、返す直前にはサッシのレール、下駄箱の棚、玄関のたたきなどなど、かなり掃除します。
やったあと自分でぞうきん洗って・・・ってことを考えたら、あまり手出ししてなかった所まで掃除できるので、本当にやる気が出ます。

で、最後にデメリット。
ホコリが取れる反面、使ってしばらく立つと汚れてくる!
ダスキンにとると、とれたホコリは吸着剤によってしばらくしたらモップと同化するそうなのですが、やはり沢山とれたホコリや大きなホコリはぼろぼろと落ちてくるほどになります。
そういう時は掃除機で吸い取ると結構きれいになりますが、それが面倒。

それと、ハンディとはいえ、手に触れるところと床なんかはモップを分けたいですよね。
私は手に触れる棚の上なんかは「クイックル」や「拭き掃除」でしています。
それと、返す頃になるにつれ、特に汚い所のお掃除に使うことにしてます。
そう考えると、二つあってもいいくらい。

あとはランニングコストでしょうか・・・
私はそれによって「やる気」を引き出す方を選びましたが、それぞれの価値観でしょうね。

折しも同じダスキングループのミスドで賞味期限問題が発覚。
頑張ってくれよ〜ダスキンよ。
[PR]
by demekonemuta | 2007-11-01 15:38 | 楽しく家事したい