デメ子 旅の空の下

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

告知

今私が忙しいのは、私の出演する芝居の稽古が大詰めを迎えているからです。
時は3月1日2日。場所は広島市中区のアステールプラザ。
演目はチェーホフの「かもめ」です。

100年ほど前に書かれたロシアの有名な戯曲ですが、時代や国の違いからくる違和感を出来るだけ取り除き、本来戯曲が表現している人間のおかしさ・かなしさが伝わる舞台になると思います。

演出は文学座の坂口芳貞さん。

公演まで一週間を切りました。
今週末の予定がまだ立っていない方は、ぜひお越し下さい。
デメ子が何役で出ているかは、おそらく来ていただければ分かると思いますよ!!

詳細はこちらのページをご覧下さい。

お待ちしております!
[PR]
by demekonemuta | 2008-02-25 01:48 | 日記

女二人で四国無謀旅行

きっかけは一台のミニでした。

私の芝居仲間の「てつ子」が、ミニの試乗キャンペーンに当たったのです。
てつ子は思いました。このミニで四国の海岸線を一周したい!と。

そして彼女の助手席に選ばれたのが私でした。
2月某日、13時半、私たちは広島を出発しました。
帰って来るのは、てつ子の仕事の都合で翌日正午の予定。

f0146503_1648663.jpg


青いミニ。
私たちのドライブ旅行はどうなるのでしょうか?

ゆっくりお知らせしたい所ですが、今日は時間がなく・・・待て次号!!
[PR]
by demekonemuta | 2008-02-22 16:50 | 大旅行小旅行

ある日のタクシーにて

昨日、私は贅沢にも芝居の稽古に向かう為にタクシーを利用してしまいました。
その車中でのお話。

乗ったタクシーは個人タクシーで、運転手の方は50歳くらい、セーター姿。
車内はほんのりタバコの匂い。
行き先が大きな会館なので、運転手さんから
「今日は何か催し物があるの?」
と聞かれました。

私は舞台の稽古であることを告げると
「そうかぁ。じゃあ今のうちにサインもらっとこうかなぁ。」
と運転手さん。

「いやいや、とんでもないです。」
と恐縮すると、
「いやぁどうなるか分からないですよ!本当に。」
とやけに真剣に話してきます。
そして「私が身をもって体験してますから。」と。

そう言われちゃあ聞かないではおれない。
という訳で話を聞くと・・・

昔おじさんは東京で数年間某グループサウンズのメンバーだったそう。
しかし人気が上昇してテレビ出演などが増えるにつれ、活動を内緒にしていた親にバレ、脱退してしまったとのこと。
好きでエレキを弾いていたが、ちょっとしたきっかけで追っかけが押し寄せるほどの人気グループになってしまった。「人生は分からないよ」と、おじさんは話してくれました。

エレキ好きの青年が人気GSグループの一員になるのと、元人気GSグループの一員が
30年後には広島でタクシーの運転手をしていることと、どちらの方が「人生分からない」か、それは分かりませんが。
「親に反対して続けても良かったんだけどね・・・」
それが、何十年も経ってから言える後悔や諦めや達観をまぜこぜにしたような、そんな印象的な言葉でした。

降りるまで、なんというグループにいたのかは聞けずじまいでした。
今日もおじさんは広島のどこかを走っているのでしょうか。
私も頑張るよ。
[PR]
by demekonemuta | 2008-02-18 00:59 | 日記

今日の晩御飯

f0146503_1404891.jpg

三重に住むオットの友達から伊賀牛が送られて来ました。今日はそれをしゃぶしゃぶにしました。
それはも~柔らかくてとっても美味しかった!贅沢なひとときでした。

あとはアクに悩まないしゃぶしゃぶの方法を誰か教えて!
[PR]
by demekonemuta | 2008-02-12 01:40 | 日記

果たして伝わるのか

f0146503_0211431.jpg

某高校3年生が作った標語だそうです。
[PR]
by demekonemuta | 2008-02-02 00:21 | 写真で一言