デメ子 旅の空の下

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

告知

前回の山口の旅、続編をまだお届けしていないのにもかかわらず申し訳ない。

芝居の告知をさせてください。
デメ子、7月にまたお芝居に出ます。

演劇ユニット体温
第5回公演「トリガー」☆家族の介護問題を扱った人間ドラマ。「想定が無かったんだよ。将来、こんな時代になるって…。」その時主人公は…!?難解なお芝居ではありませんので気軽にお越し下さい。

☆日時 7月13日〜20日
★13日(日)
14:00〜
19:00〜
★14日(月)〜18日(金)
20:00〜
★19日(土)
14:00〜
19:30〜
★20日(日)
14:00〜

以上全10回公演です。
☆場所 山小屋シアター(横川駅から徒歩3分)
☆料金
一般 2000円(当日2500円)
18歳以下 1500円(当日2000円)
シニア 1800円(当日でも1800円)

さらに6月30日までにチケットをお求め頂くと、一般前売り価格から200円引きの1800円になります!
今回の山小屋シアターは、キャパが50人程ですので、土日の人気のある回は特に早割を利用してお買い求め頂くと、確実な上におトクです。もちろん平日も遅めスタートですので、仕事帰りにぜひどうぞ!

詳しくはユニット体温HPをご覧下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

そんな訳で今稽古などに忙しく、なかなかブログが更新できないよ〜!
[PR]
by demekonemuta | 2008-06-17 22:18 | 日記

連休を 甘く見ていた デメ子さん その1

さて、5月の連休にもオットが2日間休みを頂けて、山口に行こう!ということになりました。
前回の島根行きで、オットのお出かけ意欲が上昇しているようです。

夫婦それぞれ山口で行きたい所をあげると、オットは関門海峡、デメ子は秋吉台ということで、2日間でその2カ所を回ることにしました。

関門海峡と言えば、デメ子が昨年の夏に訪れており、ブログでもご紹介しました。その時の様子はこちら

関門海峡ならまかしとけーいということで、オットの愛車で1日目は関門海峡へ!!

しかし、最初にデメ子夫妻を待ちかまえていたのは・・・
f0146503_2350596.jpg

高速道路の渋滞・・・であった・・・。
電光案内板には「この先事故の為通行止め」。

渋滞に巻き込まれたのがちょうど山間の高速道路で、長〜いトンネルの中をホント時々に数メートルしか進まない状態。暑いのにトンネル内は車の排気ガスが充満して窓も開けられなーい!

高速の降り口も見えないまま時間だけが過ぎていく・・・。

ただオットは偉かった。殆ど動かない間エンジンはストップ。なだらかな下りだったのを利用して、進むときはブレーキをゆるめるだけでゆっくり進みました。
ガス代も節約できる上に空気も汚さない!周りの車はずーっとエンジンつけっぱなしのアイドリング状態。こういう所での「機転」が「常識」になればいいなぁ。デメ子は車に詳しくないけど、今回学びました。

ガマンにガマンをして約1時間半。ようやく事故車両が撤去されたのか通行止め解除。
さぁ気をとりなおして、関門海峡へGO!!

f0146503_06398.jpg

途中うどん屋で遅い昼食をとり、やっと着いたぞ関門海峡!!

しかし・・・今度は車を駐める所がなーい!!
デメ子が想像していたより観光客がいっぱいで(イベントとかやってるし・・・)、どこも駐車場がぱんぱんなのです。

正直デメ子が昨年下関に来たときの印象は「あんまり観光客いないなぁ」だったのです。ごめんなさい。下関側にある「カモンワーフ」というショップの集まった施設には駐車場がありましたが、ぜんぜん車なかったし(ように見えたし)。でも考えたらあれは8月末。GWとはやっぱり違うんだ!!
今はそこが満車になっていて、デメ子夫妻の車は入庫待ちの列に並ぶことに。

ここでも渋滞かあ・・・
やっぱり連休って人が集まるんだね。
つくづく思うデメ子でした。

f0146503_0253664.jpg

やっとこさ車を駐めて、昨年も行った「唐戸市場」へ。
昨年は市場が終わった後だったんだけど、今回はもうすごいのなんの!
いろんな商店が、ふぐの唐揚げやらにぎり寿司やらお刺身やらホタテのバター焼きやら・・・海鮮ものをバンバン売ってて、観光客はそれを思い思いに購入し、所々にある机の周りで立ち食いするか、外にでて芝生があるような所で食べたりしていました。
賑わってましたね〜〜。

でもデメ子達は、そこで買い食いはせず、歩いて門司まで行くことにしました。

f0146503_031573.jpg

下関と門司は海底トンネルでもつながっていて、人が歩いて行ける「人道トンネル」もあります。
ここはそのトンネルの中での、山口と福岡の県境。

トンネル内を歩いて15分ぐらいで門司。

しかし、トンネル入り口が車を駐めたカモンワーフからちょっと遠く、さらに、門司に着くと、トンネル出口から門司港までが結構な距離あるんですよね。
でもそこを頑張って歩き、門司は一応こんなところですというのを見物して、アイスクリーム食べて、でも帰りはしんどいから連絡船でカモンワーフへ一気にご帰還。

カモンワーフに着いたら、夕飯です。唐戸市場の回転寿司へ!
前回ここで美味しいお寿司を食べたデメ子。今回はぜひオットへここのお寿司を食べさせたい、とやってきました。

とはいっても、相変わらずの大盛況&連休パワー。待ちは必須です。待ち時間が長いことを予測して、手持ちぶさたが苦手なオットの為に、デメ子はあらかじめ文庫本を2冊用意していたのでした。2人して読書にふけり、お陰で退屈せずに入店できました。

お寿司は相変わらず美味しくて、デメ子は好きなマグロを沢山食べてしまいました。
しかし、まぐろは絶えずレーンにのっておらず、毎回注文して握ってもらいました。
まぐろって儲けが少ないと聞いたことがあるので、お店側もあんまり出したくないのかも・・・?でも「いか姿」も美味しかったし、えびも色々な種類を美味しく食べちゃいました!

ただ、ちょっと辛口コメント。
まず握る職人さん達の威勢の良さとか愛想が一切無い。
毎回「はいよろこんで〜〜っ」と言って欲しい訳ではないですが、注文が通った時「はいよ!」ぐらいあってもいいんじゃないでしょうか?連休の客の多さに疲れてるのでしょうか?
あとこのお寿司屋さんは店員のお姉さん達を通して注文するシステムのようで、直接レーンの中の職人さんに言っちゃった分は状況によって握ってくれることもあるのですが、時にはお客さんの注文をさえぎって店員さんに「注文聞いて!」と大声で言うシーンも。愛想があればそれでもフォローできるのですが・・・
せっかく美味しいお寿司を食べられるので、中央にいる人たちの雰囲気が良くないのは残念に思います。
次行くときがあれば、良くなっているといいな。。。。


f0146503_1225331.jpg

お店を出て時間は7時。
ここのお寿司屋さんは閉まるのが早いので、夕食後でもこんな時間です。

夕暮れて来ましたが、まだ明るい。
夏が近づいているなぁ。。。と感じました。

この後はここからすぐの火の山公園から、関門海峡の夜景を楽しみました。
携帯ではきれいに撮れませんでしたが。。。

さて次回は「秋吉台」。
甘く見ていた連休はつづく・・・
[PR]
by demekonemuta | 2008-06-10 01:40 | 大旅行小旅行

デメ子のGWお出かけ報告 その5

いよいよ最終回の出雲と境港の旅。

二日目に境港で水木しげるにどっぷりはまった後は、車で松江に移動。
お昼ご飯は松江で出雲そばを食べることにしました。

松江の中心部を走ると、城下町の風情が今でも残っていました。
今回はゆっくりできませんでしたが、車でちらっと松江城と小泉八雲の記念館などが見えたり。

f0146503_16401567.jpg
向かったのは「上田そば」。
小さくて庶民的なお店です。
中には常連っぽい人が結構いました。

f0146503_1641252.jpg

これが出雲そば。ちょっと黒っぽくて固めのおそば。
3段に盛られて出てきます。
食べ方が変わってて、そばちょこはなく、そばに直接お出汁をかけて食べます。
一段目を食べ終えたときの残りのおつゆを二段目にかけ、もし足りなければまたお出汁をかけて・・・という感じで食べ進んでいきます。

ざるそばとぶっかけの間みたいなお蕎麦ですね。
とっても美味しかったです。

f0146503_16444111.jpg

おそば屋さんを出ると、斜め向かいにお肉屋さんがありました。
オットがここの和牛コロッケを食べたいというので、二つ買って食べることに。

f0146503_16462054.jpg

これが結構美味しかったんですね〜〜。
中はほくほくというより、とろっとした柔らかめの食感。
それで牛肉の味がしっかりとしているのです。
ありゃもう一個食べられたな。

お蕎麦ではあっさりしすぎで物足りない方は帰りに是非どうぞ。


そんなこんなで、今回の旅は終了。
この後は松江から一気に広島まで帰りました。
両日とも天気に恵まれてホントに良かった!!!

正直、今まで関西にいた時は「山陰」についてはあまりいいイメージがなく、行ってみたいと思ったことがありませんでした。いや〜本当に。
しかし、今回「結構いいな・・・・」と思ったデメ子。

特に島根は「温泉が多い」「古代ロマンを感じる名所が多い」「自然が豊か」「日本海の景色がきれい」「石見銀山、出雲大社、(バブルリングで有名な)水族館のアクアスなどの観光目玉がある」などなど・・・また行きたいなぁと思わせる点がいっぱいでした。

多分また行きます・・・・

さて、これでGWは終わりかと思いきや、実は5月にも二日間の日程で山口へ行きました。
その様子を後日アップしたいと思います。

次回デメ子夫妻西へ「連休を 甘く見ていた デメ子さん」の巻。
お楽しみに・・・・
[PR]
by demekonemuta | 2008-06-05 17:02 | 大旅行小旅行

デメ子のGWお出かけ報告 その4

旅も二日目。出雲大社が目的の旅でしたが、結局は境港までやってきました。
ここに来たからには行かなければ!!水木しげるロード!
f0146503_23163543.jpg

あ!ネコ娘!

f0146503_2321097.jpg

これは鬼太郎と目玉おやじ!

水木しげるロードは境港の駅前(かなり小さい駅です)から商店街づたいに続いており、商店街の終わりに「水木しげる記念館」があります。


f0146503_2324340.jpg

商店街の大半は昔っぽさを残した、静かなたたずまいの所です。
中には転々と水木しげる関係のおみやげ物を売る店なんかがあります。

もっとも昔ながらの「呉服店」や「酒屋さん」も、店頭に鬼太郎の絵(中には手書きっぽいのも)を飾ったり、おみやげ物を置いたりしています。

個人的には、昔ながらの店はそれなりに価値があるので、ヘンに鬼太郎グッズに流れない方が風情があるな・・・と思うのですが。
とにかく町全体が鬼太郎だらけです。

f0146503_23282549.jpg

こちらが「水木しげる記念館」。中では水木しげるの生い立ちから、鬼太郎が生まれるまで、妖怪の紹介などなどが見られます。
もともとデメ子は水木しげるのお人柄や生き方に惹かれておりましたので、とても興味深く見て回りました。

デメ子夫妻は「記念館」「博物館」の類ではじっくり見て回ってしまう傾向があり、こちらは開館時間から二時間おりましたが、最後にマンガを読めるスペースもあって、時間が許すならホントはもっといたかった・・・
f0146503_234064.jpg
時間が11時をまわり、お昼ご飯までの間の小腹おさえに水木しげるロードで「でこまんじゅう」を買いました。
「でこ」とは境港の方言で「会画」のこと。
鬼太郎などの形をかたどったベビーカステラみたいな感じ。
やはり焼きたてが美味しいと思いますよ。

さてさて、今回の旅も残り時間わずかとなりましたが、次回にお話しましょう。
[PR]
by demekonemuta | 2008-06-02 23:21 | 大旅行小旅行

デメ子のGWお出かけ報告 その3

さてさて、前回は出雲大社と博物館へ訪れたデメ子夫妻。

そろそろ日が暮れようかという時刻でした。今回の旅行は二日間の日程で、さあこれからどうしよう?
宍道湖から見る夕焼けがきれいらしいのですが、天候はさほど夕焼け向きでなく、ここは一気に鳥取県境港へ行こうということに。

境港といえば水木しげるの故郷で、今は「水木しげるロード」や「水木しげる記念館」が出来て有名になっています。
さて、日もどっぷり暮れてから境港に到着。

それにしても・・・町が暗い。どこに行けばご飯が食べられるか分からない・・・境港で夕飯と決めていれば調べたんだけどなぁ。時間も結構遅くなっていました。

ひとまず、海岸線に近い大きめな道に出て、そこで目に入った回転寿司のお店に入ることに。
中は比較的古くてこじんまりとし、客は地元の方数人。久々にこういう回転寿司に来たなぁ。。。。よく言えば懐かしい、悪く言えば寂しい感じ・・・中で握ってる人にもなんだか哀愁が。
ひとまず食べ終わりレジに行くと、レジには「TVチャンピオン」のゼッケン(これも見た感じ最近のではなさそいう)が。昔出たのかしら?ちょいしんみみり。
しかし店を出た後、車ですぐの所にここと同じ回転寿司のチェーン店がなぜか二店もあり、そちらの方がきれいで新しかったので「おいっ!!」と思わずつっこみ。

さてそこから近い場所に公共浴場があるということで行きました。「みなと温泉館」という比較的新しい感じの小さい入浴施設。塩分のある温泉です。

しかしその隣にやけに目立つタワーが・・・f0146503_1830484.jpg

正直、境港に着いてから抱いていた印象と、このタワーの印象がどーにもマッチせず、違和感がありました。
この建物は鳥取県立ゆめみなとタワーという所で、隣接する公園やお魚市場なんかと併せて観光拠点になっているようです。
夜真っ暗で周囲にも殆どにぎやかな所がなかったから、この未来的な外観に驚きました。
昼間来たらまた印象が違うのか・・・?

余談ですが、鳥取はゆるキャラで有名(?)です。このゆめみなとタワーではゆるキャラ界の大御所「トリピー」グッズを唯一扱ってるとか・・・
鳥取のゆるキャラはこちらを見てね。
それと11月には「第三回ゆるキャラカップ」も開催されます。

「ゆるキャラ」という言葉を作り、鳥取のキャラクターに注目したのはみうらじゅんなのですが、こうしてすかさず使うあたりはさすがというか・・・
鳥取といえば「砂丘」と「梨」くらいしか思い浮かばなかったのですが、「水木しげる」「ゆるキャラ」と、キーワードが増えて行くわけですね。

この夜は近くで車中泊となりました。
次回は、ついに水木しげるロードへ!!
[PR]
by demekonemuta | 2008-06-02 19:11 | 大旅行小旅行