デメ子 旅の空の下

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

母について

私の実家は新潟の田舎にあり、両親は今2人でそこに住んでいる。
せっかく子どもを4人も生んだのに、田舎の気質に合わなかったのか全員が故郷を遠く離れ、夫婦2人だけの生活はもう20年近くたった。
そんな親不孝な子どもをもった両親を不憫に思うこともある。

今回は母の話に限定したい。
母は東京の下町育ち。
東京大空襲の時は3歳だったそうで、祖父に抱かれて逃げる途中赤い空を見た記憶があるらしい。歌うことと絵を描くことが好き。高校卒業後は一時服飾の専門学校に行っていた時期もあるらしい。
そんな母が新潟に嫁ぎ、様々な苦労をしたことは想像に難くない。
なんせ田舎。電車を一本逃すと数時間待ち。方言もきつい。店も少ない。
何より誰も知っている人がいない。
田舎というのはとても小さい社会で、どこかで誰かが親戚同士でつながっており、仲間同士の結束は強いがよその人間には警戒心がある。
辛い、これは辛い。私自身結婚して誰も知り合いがいない土地に来たが、状況が違いすぎる。

そんな母も子どもが生まれ育てることで生き甲斐のようなものを見いだして行ったようだ。以前、とても苦労はしたが4人の子どもに会えたことが幸せだったと話していた。

しかし、その子どもはどんどん家を巣立っていった。
私としては少しでも親孝行しなければという思いである。少なからずある罪悪感をなるべく軽くしたいとい気持ちもあると思う。

私が母と会える機会になるべくすることの1つに「カラオケ」がある。
実家の近くにはカラオケボックスは無く、実家以外の所で母に会えた時には行くようにしている。
前述の通り、母は歌うことが好きで家事の最中もよく鼻唄を歌ったりしていた。しかし、思い切り歌える場というのがないらしい。
実家には知人からの頂き物という、カセット式の古いカラオケセットがあるが、歌ってご近所に聞こえるのは気が引ける。合唱クラブなんてものもない。カラオケボックスもない。
そこで同じく歌好きの私が、母と会える時にカラオケに行くのである。

行くと大抵歌うのが倍賞智恵子の「下町の太陽」と西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」。あと越路吹雪も歌う。毎回なかなか上手く歌えず練習するのが美空ひばりの「川の流れのように」。
最初はタッチパネル式のリモコンに慣れず、毎回私が入力していたが、何回か失敗しつつもそのうち「年代別選曲」を自分で出せるようになったりしていた。
母は結構歌が上手い。
ただ時々テンポが遅れたりするので、私が一生懸命指揮者のマネをしてタイミングを教えようとするのだが、その姿がまたおかしいらしく、吹き出して歌えなくなっていた。

前回行ったときは、めずらしく「コーヒールンバ」を歌い、あくまで母の領域でだがノリノリになっていた。
あと「椰子の実」(唱歌)を2人で合唱したり。気分は安田幸子・由紀さおり姉妹である。
今回はいつも歌わない曲を歌った!と帰りは満足げだった。

私はそんな母を見て「あー良かった」と思う反面「近くにいたらしょっちゅう連れて行けるのにな」と申し訳なく思う。離れているとよくて1年に1回くらいしか一緒に行けないのだ。
きっと親孝行は「これで十分」と思えるものではないのだろうけれど。

あさってから所用で実家に帰るので倍賞智恵子のCDをお土産で用意してみた。
今回はカラオケには行けないので、次回までにこれで練習してもらおうと思う。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-28 01:20 | いろんなネタでエッセー

秋やなぁ

だいぶ日が経っちゃいましたが、10月に入って広島は庄原市にある「国営備北丘陵公園」へオットと行って参りました。

もう終わってしまいましたが、コスモス祭りの真っ最中で、とにかくコスモスが沢山咲いております〜〜〜。

f0146503_033477.jpg

コスモスはデメ子の一番好きな花です。
秋にコスモス畑に行くことは幸せの一つ。
ちなみに、春にお花見をし、夏に浴衣を着て、秋にコスモス畑に行けるとデメ子の1年はなかり有意義だったと感じます。
今年は夏の浴衣が実現しませんでした。残念。
冬はやっぱり野趣溢れる露天風呂に入ることが重要かしら・・・

f0146503_1125366.jpg

まぁそんな話はおいといて・・・
ココには様々な種類のコスモスが咲いています。

これは若干ブラウンがかった深い色合いのコスモス。
きれいだね〜。

f0146503_1165755.jpg
晴れ渡った青空に揺れるコスモス。

この国営備北丘陵公園は、本当〜〜〜〜に敷地が広く、中でレンタサイクルもあるほど。広すぎでオットは疲れてました。
でも芝生広場でお弁当を食べて、しばしフリスビーに興じたり。
いい秋の1日を楽しみました。



コスモスで思い出すことが1つ。
秋になると、コスモスが沢山咲くことで有名な、関西某所のH寺。
まだオットと付き合っている当時、そこへ一緒に行ったのですが、ここがまた違う意味ですごいところで。
確かにコスモスは沢山咲いていてきれいなのですが、肝心のお寺はぼろぼろ。いろんなものが軒下におきっぱなし。境内にあるどなたかを奉った小さい祠(ほこら)にはハチが巣を作っていて、絶えずブンブンとそこからハチが出入り・・・そこに通りがかったデメ子達2人は身を固くし、寺の荒廃ぶりに絶句したのでした。・・・祠に奉られてる方はさぞ迷惑していることでしょう。
それにしても、そこそこ有名な為によるおごりなのか、単に人手がないのか。拝観料も取ってるんだし、なんとか整備したらよさそうなものを・・・と、釈然としない気持ちで帰ったのを思い出します。

唯一コスモスに関する嫌な思い出です。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-22 01:38 | 大旅行小旅行

1年前からの変化

あまり見ることはないのですが、今日久しぶりに自分のブログのアクセス解析を見ました。すると、どんなキーワードからこのブログを見に来たか分かるランキングがあるんですよね。

1位は「エコ路地」と「龍角散 愛用」が同率1位でした。
といっても、検索件数は2件づつなんですが・・・

「エコ路地」は私がエコについて語る時のカテゴリ名にしているのですが、ネットで検索してみると、私以外でも使っている個人や団体がいるので、それで引っかかったのでしょう。
それにしても私は「龍角散 愛用」などというフレーズを使った記憶がなく、自分のブログ内を検索してみると・・・あった・・・
昨年の10月28日のブログです。

1年前の私が風邪対策について語っています。
う〜ん。それにしても1年前のことがこんなに変化するとは・・・

当時の私の風邪対策
その1「うがい 手洗い」 現在→やらなあかんのは分かっているけど、ついついおろそかに。まだ汗ばむ陽気だったりするせいもあるけど、今かなり油断状態。
その上、イソジン風味は味が慣れず、その後昨年末には早くもさわやかなユーカリ味のコルゲンうがいぐすりに浮気。

その2「ヤクルトで免疫力強化」 現在→これもなんとなくやめてしまった・・・しかしデメ子は胃腸がもともと弱いことが分かったので、今は「強力わかもと」が後継をになってくれてます。

その3「のどを守れ!好きなのど飴は『龍角散のど飴』」 現在→やはりのどが鬼門なのは変わらず。昨年は家で常時加湿器を使っていましたが、一昨年まであった朝方ののど痛がなくなったのにはびっくり。龍角散のど飴は今も好きですが、現在はたまたま8月に熊本に行った際体調を崩したオットの為に九州で購入した「後藤散のど飴」の残りを舐めてます。これも思うに「〜散」という名前だと効きそう!と思って買ったような記憶があります。

そしてたまたま去年はその龍角散のど飴の話で、昔父親が愛用していたということを載せたらたまたま今回検索ランキングに入ったということです。
多分その方が求めていたようなことは書かれてなかったように思うのですが。

それにしても、ブログをやっていたお陰で、昨年の10月中旬に私はおそらく牡蠣が原因で一週間近く体調を崩し、その後風邪対策に躍起になっていたことが分かりました。
今年は昨年のようなことにならない為に気をつけなければ!!
それにしても、1年前のことって意外と忘れているもんですね〜。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-14 01:08 | 日記

鼻パックをしてもひとり

今日はオットが友人の結婚式で横浜までいっております。
なので今日はワタクシ1人であります。

今日は久しぶりに鼻パックをしました。
するといい感じで沢山角栓がとれて「うひょひょ!」なデメ子。

いつもならオットに「こんなにとれた!」と報告し「うわ〜デメ子汚い〜〜〜っ」とかなんとか言われつつも楽しんでいる夫婦なのですが、今日は報告する相手おらず。

なんとなく惜しい気持ちになりつつ、使用済みパックをひっそりと捨てるデメ子なのでした。

それにしても鼻パックは黒いモノの方が絶対いいですよね。成果がよく分かって楽しさ倍増。白い時代には戻れないです。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-11 23:08 | 日記

白封筒とスパイス

今日100均に行った。
オットが週末に友人の結婚式に出るので、ご祝儀袋を買いに行ったのである。

ご祝儀袋コーナーの隣には一般封筒コーナーがあり、そこではインド系と思われる男性(便宜上以後インド人と表記)お2人が封筒を見ていました。
私も色とりどりのご祝儀袋からどれにしようか物色していたのですが、なんとなく気になってインド人の選んでいるものを見るとなんと!
手紙を入れる事務的な白封筒と、黒い結び切りが印刷された不祝儀袋を手にとって見比べているではありませんか!!
どちらも量的には沢山はいっていて、2人は「○×□$*〜?」「#@*&〜」と話しながらどちらにするか悩んでいる様子・・・

しかし、明らかに二つは用途が違う!!
一方は郵便番号のマスが印刷されてるから明らかに郵便封筒だし・・・
不祝儀袋が欲しくて来たようにも見えないし・・・

ここでほっておいても良かったのですが、何となくデメ子のおせっかい心がうずきだし・・・
「この二つは違うものだけど大丈夫?」
と声をかけたのでした。
インド人は「違う、知ってる。」
と答え、片言の日本語は通じる様子。

それからインド人から茶封筒と白封筒を比べ「これは違うもの?」と聞かれ、詳しくは違うが用途はほぼ一緒なので「同じ」と答えたデメ子。
しかし出来たら、不祝儀袋を教えてあげたい・・・しかしボキャブラリーが乏しい。
「これはお葬式」と言うも通じず。
「デッド・・・?」と言って言葉が詰まり、ひとまずお金を入れて渡すジェスチャー。
インド人、なんとなく分かった様子。
「アリガトウ」と笑顔で白封筒を手に出て行かれました。

今冷静に考えたら、簡単な英語でも、もっと通じるように言えたのではないか?と、自分の実力のなさを恥じるのでした。
「こっちはレター」「こっちはマネー」「これはアンハッピーな時にマネーを渡すもの」とか。
ちゃんと満足な買い物ができたなら良かったのですが。

ちなみに彼らからはすごくスパイシーな香りがしました。
偏見ではなく、本当にしたのでびっくり。
いわゆるカレーの匂い、ではなく、本当にスパイス!な香りでした。
封筒何に使うのかな〜。
[PR]
by demekonemuta | 2008-10-10 01:34 | 日記

ネーミング大賞

f0146503_23553638.jpg

採取地 新潟県

「鮭トバ・・もっと売るにはどうしたらいいかな・・・。」
「やっぱ客が『おっ』と目につくネーミングじゃね?ほら、ただの饅頭なのに総理大臣にかけてるだけで売れてたりさ。」
「・・・そうか」
「うん・・・」
「・・・」
「・・・」
「おれさ・・・」
「うん。」
「・・鮭トバって聞くと・・いつも鳥羽一郎を思い出すんだよね。」
「・・・おまえ・・・」
「な、なんだよっどうせおれは・・」
「俺もだよ。」
「え?」
「俺も鮭トバって聞くと一郎ってつけてみたくなるんだよ。」
「お、おまえも!?」
「・・・もしかしてシャバダバシャバダバ〜♪を聞くと『娑婆』っていう字を当てたくなったり?」
「おお!」
「勇気りんりんって聞くと『有機リン化合物』をかわゆく言った言葉って思ったり?」
「まさか!!」
「そんでさそんでさ・・・」
 ・・・・・

このネーミングはそんな風にして生まれたんじゃないかな〜と、勝手に想像しました。
鮭トバとは


[PR]
by demekonemuta | 2008-10-06 00:21 | 写真で一言